活動報告

【活動報告】連続講座・第15回「『書店経営の実態』から読みとる 小売業としての書店」

連続講座受講風景

当日は出版社や書店に勤める方を中心に、40人近くの参加者が集まった

本の学校は2014年10月30日に「本の学校連続講座・第15回:『書店経営の実態』から読みとる 小売業としての書店」を開催。株式会社トーハン・コンサルティング取締役の阿見信子さんを講師にお招きし、40人近くの受講者にお集まりいただきました。


トーハンコンサルティング・阿見さん

本講座の講師を務めるトーハン・コンサルティングの阿見信子さん

第一部は阿見さんより、同社が発行する『書店経営の実態』に基づきながら、経営管理に必要な経営数字や指標に関する解説を行っていただき、近年の出版小売産業の動向に関して過去の数字を比較分析いただきました。


阿見さん・草彅さんディスカッション

第二部は丸善書店・草彅さんも加わりより具体的な話に

第二部には、NPO本の学校理事であり、本講座を企画運営した丸善書店の草彅主税も加わり、書店現場の実態と照らし合わせながら、より具体的なデータの読み取り方等に関して議論と解説を行いました。


懇親会

講座終了後には懇親会が開催され、講師・受講者相互の交流が行われた

参加者の皆様からも「冊子を読んでいるだけではわからない細かい点まで解説してもらい勉強になった」「データと書店現場の双方を知ることが大事だとわかった」(アンケートより抜粋・要約)という声をいただきました。


【次回の連続講座】 「商店街を復活させる逆襲の書店経営」  講師: 宮川大輔(春光堂書店)  日時:2014年12月3日、  http://www.honnogakko.or.jp/archives/611

 

2014-11-07 | セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 活動報告

  • このページをはてなブックマークに追加
  • 出版産業シンポジウム 2017 in 東京
  • 会員・賛助会員募集