お知らせ

アントネッラ・アンニョリ『知の広場』特別講演会のお知らせ

「知の広場-図書館と自由」(みすず書房)の著者、アントネッラ・アンニョリさん(イタリア・ボローニャ在住)がこの春に来日され、東京・北海道・京都・仙台など全国各地で講演を行います。そのうちの1ヶ所として、米子の「本の学校・今井ブックセンター」にて講演会を開催することとなりました。山陰地域にお住まいの皆様にはぜひご参加いただきますよう、お願いいたします。

特別講演会・アントネッラ・アンニョリ 『知の広場』講演会
◆2013年6月3日(月)15:00~17:00(定員50名)
◆「本の学校・2F多目的ホール」 http://gakkou.imaibooks.co.jp/
◆参加申し込み:
本の学校事務局宛に、電話・メール・Faxでお申し込みください
  TEL(0859)31-5001 FAX(0859)31-9231
  E-mail b-schule@imaibooks.co.jp

アントネッラ・アンニョリ【プロフィール】アントネッラ・アンニョリ  イタリア・ボローニャ在住。1977年ヴェネツィアにスピネア図書館を開館させ、2000年まで館長を務める。2001年から2008年まで、ペーザロの新図書館〈サン・ジョヴァンニ〉の計画・実現にたずさわる。近年、パブリック・スペースの環境作りから公共サービス、司書教育に関するアドバイザーとして、ボローニャ〈サラ・ボルサ〉、グッビオ〈スペレッリアーナ〉、フィレンツェ〈オブラーテ〉、ピサ、チニゼッロ・バルサモなど、数多くの図書館と恊働しており、ロンドンの〈アイデア・ストア〉では子ども部門も担当した。 著書に『子どものための図書館』(ビブリオグラフィカ、1999年)。その他、図書館ジャーナル『今日の図書館(Biblioteche oggi)』をはじめ、新聞『マニフェスト』『レプッブリカ』、雑誌『アルファベータ2』『イル・ムリーノ』へも数多く寄稿している。

◇通訳:萱野有美(かやのゆうみ) 「知の広場」翻訳者 1975年千葉県生まれ。東京外国語大学外国語学部欧米第二課程(イタリア語)卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了。訳書に、ムナーリ『ファンタジア』(2006)『デザインとヴィジュアル・コミュニケーション』(2006)『モノからモノが生まれる』(2007)『芸術家とデザイナー』(2008、すべてみすず書房)

2013-05-11 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰

  • このページをはてなブックマークに追加
  • 会員・賛助会員募集