お知らせ

「本の学校連続講座」第9回/講師・嶋浩一郎氏/内沼晋太郎氏(下北沢「B&B」) 開催のお知らせ

 さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第9回の開催が決まりましたのでお知らせいたします。皆様ふるってご参加ください。

=====================================

「下北沢『B&B』が目指す新しい“街の本屋”のかたち」

講師:嶋浩一郎/内沼晋太郎(下北沢「B&B」) 司会:星野渉(文化通信社取締役編集長)

◆日時:2013年2月21日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)地図
◆参加料: 5,000円(税込)※当日・現金精算のみ

 ◆講演内容:
東京・下北沢に2012年にオープンした「B&B」は、博報堂ケトルの嶋浩一郎氏とブックコーディネーターの内沼晋太郎氏が共同で立ち上げた新しい“街の本屋”だ。毎晩欠かさず開催されるイベント、店内でビールを飲みながら本が選べる、「文脈棚」の考え方に基づいた独創的な品揃え・・・と、既存の書店の概念からは考えつかないような取り組みの数々が、多くの注目を集めている。本講座では、B&Bのコンセプトから品揃えなどの手法、書店を経営してみて改めてわかった新刊市場の現状や課題など、メディアに出ない情報まで含めてお話いただく。

◆講師略歴:

嶋浩一郎:1968年生まれ。上智大学法学部卒。1993年博報堂入社。2006年既存の広告手法にとらわれない課題解決を目指し、博報堂ケトルを設立。「本屋大賞」の立ち上げや、カルチャー誌『ケトル』(太田出版)の編集長など、出版や雑誌に関わる多数の企画に携わる。
内沼晋太郎:1980年生まれ。一橋大学商学部卒。ブック・コーディネイターとして、書籍売り場やライブラリのプロデュース、本にまつわるプロジェクト企画や作品制作、書店や出版社のコンサルティングなどを手がける。著書に『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』(朝日新聞出版)ほか。

◆お申し込み(要事前予約)
*********************************

こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://bit.ly/JN4q7u
********************************* 

※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp

※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

※PDFチラシをこちらからダウンロードできます 本の学校連続講座 第9回チラシ

 

2013-01-11 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

  • このページをはてなブックマークに追加
  • 出版産業シンポジウム 2017 in 東京
  • 会員・賛助会員募集