本の学校 シンポジウム

本の学校シンポジウム2013年記録集 書店と読書環境の未来図

2013年7月に開催された『出版産業シンポジウム2013』の記録集、および7/5に開催される、本の学校・出版産業シンポジウム2014への提言が、今年も書籍としてまとまりました。全国書店・オンライン書店等で販売しております(店頭にない場合はご注文下さい)。

ps0581-ph書店と読書環境の未来図
本の学校 編
A5 判・216 ページ
定価:本体価2,400 円+税
ISBN 9784902251548

本書は、「本の学校・出版産業シンポジウム2013」の全記録であると同時に「本の学校・出版産業シンポジウム2014」への提言(メッセージ)である。電子書籍が本格的に普及するなど、「本をつたえる仕事」そのものが変化しようとしている。
読書環境が大きく変わろうとしている時代に、本と読者が出会う場所としての書店や図書館の役割はどうなるのか。現在進行中の事象を通して、「本をつたえる仕事」に携わる人々が集まって明快に議論した記録集。


 <主な目次>
● 第1 部 本の学校・特別シンポジウム2014 春記録集
  街の本屋と図書館の連携を考える―地域社会での豊かな読書環境構築に向けて

● 第2 部 本の学校・出版産業シンポジウム2013 記録集
特別講演  人と地域から求められる書店とは?
第1 分科会 若手社員が語る“ 取次で働く理由”
第2 分科会 本を通じたコミュニケーションのあり方
第3 分科会 学術出版と大学市場はどこへむかうのか
第4 分科会 雑誌の新たな「作り方・売り方」を考える

◆発行元:出版メディアパルの商品紹介ページ
http://www.murapal.com/shoten/123-2013.html
商品のご注文、お問い合わせ等はこちらにお願いします。

2014-07-01 | 一般公開, 共通・その他, 活動報告, 調査・研究 |

本の学校シンポジウム2012年記録集 本との出会いを創り、 育てるために

2012年7月に開催された『出版産業シンポジウム2012』の講演内容が今年も書籍としてまとまりました。全国書店・オンライン書店等で販売しております(店頭にない場合はご注文下さい)。

ps021-ph

本との出会いを創り、育てるために
本の学校 編
A5 判・200 ページ
定価:本体価格2,400 円+税
ISBN 9784902251531

< 本書のねらい>  1995 年から5 年間にわたり、鳥取県大山町で開かれた「本の学校大山緑陰 シンポジウム」は、その後ほぼ2 年ごとに場所を変え、2006 年からは、東京 ブックフェア会場での「出版産業シンポジウムin 東京」に引き継がれました。 本書は、その「出版産業シンポジウム2012」の全記録である。

 

 <主な目次>
●第一部:シンポジウム2012「本との出会いを創り、育てるために」
本と出会う場所としての書店空間は、これからも魅力的な場所として存在しつ づけることができるのか。NPO 法人化した「本の学校」は、本との出会いを創り、 育てるために、なにをめざすか考える。

●第二部:4 つの分科会報告  
第1 分科会:ローカルな本の環境づくり、「知の地域づくり」を模索する  
第2 分科会:売上を伸ばせる人材づくり、 書店の店頭で何ができるのかを考える  
第3 分科会: 生涯読書、読書の喜び、未来の読者をどう育てるのかを考える  
第4 分科会:リアル書店で“ デジタル―電子書籍” をどう活用するかを考える

◆発行元:出版メディアパルの商品紹介ページ
http://www.murapal.com/shoten/123-2012.html
商品のご注文、お問い合わせ等はこちらにお願いします。

2013-07-01 | 一般公開, 共通・その他, 活動報告, 調査・研究 |

本の学校シンポジウム2011年記録集 出版されました

 2011年7月に開催された『出版産業シンポジウム2011』の講演内容が今年も書籍としてまとまりました。全国書店・オンライン書店等で販売しております(店頭にない場合はご注文下さい)。

==============================================

「本の学校シンポジウム記録集2011」表紙

『書店の未来を創造する 本の学校・出版産業シンポジウム2011記録集』

本の学校・編 出版メディアパル・発行
A5判・192ページ  定価:本体価格2,400円+税
ISBN 978-4-902251-52-4

<本書のねらい>
1995年から5年間にわたり、鳥取県大山町で開かれた「本の学校大山緑陰シンポジウム」は、その後ほぼ2年ごとに場所を変え、2006年からは、東京ブックフェア会場での「出版産業シンポジウムin東京」に引き継がれました。本書は、その「出版産業シンポジウム2011」の全記録である。

<主な目次>
◆第一部:シンポジウム2011「いま改めて書店について考える―本屋の機能を問い直す」
電子書籍が大きな話題になる中で、書店が衰退業種のようにみられることもある。果たして今後、書店が果たすべき役割とは、そして、魅力の源とは何なのかを考えることで、書店の未来像を探る。

◆第二部:4つの分科会報告
第1分科会:書店に求められる人材とは
第2分科会:“近刊情報”で出版ビジネスはこう変わる
第3分科会: “理想の書店像”をゼロベースで考える
第4分科会:電子図書館の現状と出版産業のこれから

◆発行元:出版メディアパルの商品紹介ページ
http://www.murapal.com/shoten/123-2011.html 
商品のご注文、お問い合わせ等はこちらにお願いします。

==============================================

 

2012-07-14 | お知らせ, 一般公開, 共通・その他, 活動報告, 調査・研究 |

【速報】「本の学校 出版産業シンポジウム2012」の メインセッションがUstreamでネット中継されます! 

NPO「本の学校」の広報を担当しております、梶原です。

 

「本の学校 出版産業シンポジウム」の開催が いよいよ今週土曜日に迫ってまいりました。 皆様、ご参加申し込みはお済みでしょうか?

そんな中、今年度の新たな試みといたしまして、 午前中のメインセッションを「ネット中継」することが 急きょ、決まりましたのでお知らせいたします。

 

NPO法人本の学校の理事を務めていただいている、 高橋孝之様にお声掛けをいただき、 「鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会」様に、 Ustreamでの中継を御担当していただきます。

これにより、当日シンポジウム会場に お越しいただけない方にも、パソコン等で講演を リアルタイムで見ることができるようになりました。

 

私ども「本の学校」の将来像、活動指針を示す上でも 重要かつ有意義なシンポジウムとなるかと思いますので、 よろしければ中継で“ご参加”いただけますよう、 何とぞお願い申し上げます。

 

 

●中継URL:http://ustre.am/M9hd

◆中継日時: 2012年7月7日(土)10:00~11:40

◆製作:鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会

 

◆中継内容:本との出会いを創り、育てるために  ―「本の学校」はなにをめざすのか―

○コーディネーター 星野渉(「本の学校」副理事長/文化通信社編集長)
○パネリスト・片山善博(慶應義塾大学教授)・菊池明郎(日本書籍出版協会副理事長/筑摩書房会長)・山﨑厚男(日本出版取次協会会長/元トーハン会長)・永井伸和(「本の学校」理事長/今井書店グループ会長)

 

※当シンポジウムの内容・詳細はこちらをご覧ください。
http://www.honnogakko.or.jp/archives/108

※午後の分科会は中継されません。

2012-07-04 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 場所 | , , , , ,

本の学校シンポジウム2011年記録集 出版デジタル化の 本質を見極める

 2010年7月に開催された『出版産業シンポジウム2010』の講演内容が今年も書籍としてまとまりました。全国書店・オンライン書店等で販売しております(店頭にない場合はご注文下さい)。

bookstore_2010+2.indd出版デジタル化の本質を見極める

本の学校 編  A5 判・200 ページ 定価:本体価格2,400 円+税
ISBN 978- 4-902251-51-7

< 本書のねらい>
 1995 年から5 年間にわたり、鳥取県大山町で開かれた「本の学校大山緑陰
シンポジウム」は、その後ほぼ2 年ごとに場所を変え、2006 年からは、東京
ブックフェア会場での「出版産業シンポジウムin 東京」に引き継がれました。
本書は、その「出版産業シンポジウム2010」の全記録である。

 <主な目次>
●第一部:シンポジウム2010「本の消費現場で何が起きているのか ?」
 文字の誕生、そして紙や印刷技術の発明は、人間の読む行為自体を変化させ、出
 版物を提供する仕組みも変わってきた。今日のデジタル技術の進展は、読む行為
 =出版産業にとっての消費現場をどのように変質させているのかを分析する。

●第二部:4 つの分科会報告
 第1 分科会:人文書ワークショップ。書店人に向けた人文書の最新動向
 第2 分科会:デジタル時代、取次はどこに向かうのか? 若手取次人による鼎談
 第3 分科会: 書店の中古書併売の実際を聞く。書店の新たなビジネスになるのか?
 第4 分科会:出版デジタル化の流れを再整理する。黒船に脅えないための教養

◆発行元:出版メディアパルの商品紹介ページ
http://www.murapal.com/shoten/123-2011.html 
商品のご注文、お問い合わせ等はこちらにお願いします。

2011-07-01 | 一般公開, 共通・その他, 活動報告, 調査・研究 |

  • 会員・賛助会員募集