NPO法人本の学校設立10周年記念 本の学校文化祭

NPO法人本の学校設立10周年記念 
本の学校文化祭 in 境港市民交流センターみなとテラス

日時:2022年11月6日(日)
会場:境港市民交流センターみなとテラス(鳥取県境港市上道町3000)

NPO法人本の学校は、2022年3月1日に10周年を迎えました。
1995年に鳥取県米子市でスタートした本の学校大山緑陰シンポジウムは、業界や立場を超えて、本に関心をもつすべての人々をつなぐ〈場〉を提供しました。
そこに集った人々が各地でさまざまに活動をひろげ、いつしかゆるやかな輪が形づくられてきました。
これらの活動を絶やさないために誕生したのが、NPO法人本の学校です。
この度7月にオープンした境港・みなとテラスを会場に、本にまつわる各イベントを開催いたします。
本が人々を繋ぐ新たな〈場〉のひとつとして「本の学校文化祭」をお楽しみください。

記念講演

10:10〜11:45 大ホール

言語学者・金田一秀穂氏 記念講演
金田一先生の日本一受けたい授業 -図書館は屋根のある広場-

定員:400名様

講師:金田一秀穂氏(言語学者・山梨県立図書館館長)

聞き手:柴野京子氏(NPO本の学校理事長・上智大学教授)


祖父(京助氏)、父(春彦氏)に続く日本語研究の第一人者で、テレビ出演も多数の金田一先生。
大学では、学生が受けて楽しい授業を実践され、図書館は誰にもやさしい居場所でありたいという思いで山梨県立図書館長を務められています。リニューアルされた境港市民図書館にも興味津々でお越しくださいます。


【講師プロフィール】
◆金田一秀穂氏
言語学者。杏林大学名誉教授。昭和28年東京都生まれ。上智大学文学部心理学科卒、東京外国語大学大学院修士課程修了。大連外国語学院、イェール大学、コロンビア大学などで日本語講師を務めた後、ハーバード大学客員研究員などを経て、現在、杏林大学外国語学部名誉教授を務める。 著書に『学研現代新国語辞典 改訂第六版(編書)』、『新しい日本語の予習法』、『ふしぎ日本語ゼミナール』、『金田一先生の厳選大人の漢字講座』、『気持ちにそぐう言葉たち』、『人間には使えない蟹語辞典』、『金田一秀穂の心地よい日本語』、『日本語大好き キンダイチ先生、言葉の達人に会いに行く』『日本語のへそ』他多数。


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 1−ア

13:00〜14:45 中会議室A

<トークイベント>本に関わる仕事をしたい皆さんへ(前編)
〜「夢」をかなえた業界の人が語るトークセッション〜

定員:40名様 20名様  ※コロナ対策の為変更いたします。

パネリスト:岸本佳奈氏(琴浦町図書館)・佛坂美香子氏(鳥取県立境高等学校)・山田裕果氏(鳥取大学附属図書館医学図書館)・阿部義弘氏(書店「一月と六月」店主)・島 秀佳氏(今井出版(今井印刷)代表)


鳥取県内で様々な立場から『本』に関わる仕事をしている方々にその仕事に就いた(目指した)理由、仕事のやりがいや難しさなどを赤裸々に語っていただきます。

※前編+後編の一体企画です。この分科会に参加される方は前編・後編続けての参加となります。


分科会1−ア は満席になりました。

 

分科会 1−イ

13:00〜14:45 中会議室B

工作教室「どんぐりころちゃん人形を作ろう」&世界を旅するおはなし会

定員:20名様


■わらべうたや童謡を楽しむ時のグッズを身近な材料で作りましょう。実演や絵本の紹介もあります。 講師:山田節子氏(家庭文庫きんたろう文庫)
■ストーリーテリング、絵本の読み聞かせでさまざまな国のお話を取り上げます。おはなしの世界旅行パスポートを作ってみましょう。 語り手:大西明美氏(おはなしポケットの会) 講師:佐伯真由佳氏


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 1−ウ

13:00〜14:45 大会議室A・B

境港の偉人探し

定員:30名様


インターネット上で貴重なデジタル化資料を閲覧できるシステム「とっとりデジタルコレクション」や郷土資料などを紹介しながら、境港市出身の人物「足立儀代松」さん(カナダ移住の先駆者)の事績について紹介します。 これから地元の人を調べてみたい人向けの講座です。学芸員と一緒に学んでみませんか?  講師:佐藤紘一氏(鳥取県立図書館)


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 1−エ

13:00〜14:45 大会議室C

見えない見えにくい人の読書環境に触れてみよう!

定員:15名様


点字体験、声の図書、マルチメディアデイジーの機器を操作してみませんか?体験を通じて、見えない・見えにくい人に関する知識や理解を深めてみましょう。
■点字体験、声の図書、マルチメディアデイジー体験 担当:鳥取県ライトハウス
■点字ユーザーのお話 講師:大道進一氏


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 1−オ

13:00〜14:45 小会議室

「ポプラディア」と『MottoSokka!』で考える〜紙とデジタルはどこが違う?

定員:15名様


令和4年度の鳥取県図書館大会で好評だった分科会です。
「ポプラディア第三版」の編集にもかかわった齋木小太郎さんから、紙版の「ポプラディア」と、「ポプラディア」のコンテンツを含む調べ学習応援サービス『Sagasokka!』と電子書籍サブスクリプションサービス『Yomokka!』のふたつのサービスを提供するプラットフォーム『MottoSokka!』を題材に、調べ学習で使用する際の特徴や注意点を学んでみましょう。
講師:齋木小太郎氏(ポプラディア編集者)
・持ち物:「ポプラディア第三版」から1冊をご用意ください。用意できない方は、申込時にその旨をお知らせください。


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 2−ア

15:00〜16:45 中会議室A

<トークイベント>本に関わる仕事をしたい皆さんへ(後編)
〜「夢」をかなえた業界の人が語るトークセッション〜

定員:40名様 20名様  ※コロナ対策の為変更いたします。

パネリスト:岸本佳奈氏(琴浦町図書館)・佛坂美香子氏(鳥取県立境高等学校)・山田裕果氏(鳥取大学附属図書館医学図書館)・阿部義弘氏(書店「一月と六月」店主)・島 秀佳氏(今井出版(今井印刷)代表)・齋木小太郎氏(ポプラ社こどもの学び研究所 主席研究員)


前編の各位の語りを受けて、会場からの質疑も交えて、本に関する仕事について本音の大ディスカッションを展開します。後編では、齋木小太郎氏(ポプラディア編集者)もディスカッションに加わります。

※前編+後編の一体企画です。この分科会に参加される方は前編・後編続けての参加となります。


分科会2−ア は満席になりました。

 

分科会 2−イ

15:00〜16:45 中会議室B

大好きな本をすすめよう!本屋さんの手書きPOP講座

定員:12名様 対象:小学生・中学生・高校生


POPとは本の楽しさや魅力を分かりやすく伝えるメッセージカードです。あなたのおすすめの本をPOPにして伝えてみましょう。POPの書き方講座のあとに、実際にPOPを作成するワークショップです。本屋さんと一緒にPOPを作ってみませんか? 講師:今井書店スタッフ


持ち物:・POPを書きたいご自身の「おすすめ本」をご持参ください。・シールやマスキングテープなど使いたい材料があればご持参ください。 ※ペン、色鉛筆、画用紙、ハサミ、のりなどはこちらで準備します。


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 2−ウ

15:00〜16:45 中会議室A・B

皆藤黒助さんを囲んde読書会講座

定員:20名様


境港市出身の作家皆藤黒助さんを招き、著書である 『ようするに、怪異ではない』に込めた思いを語っていただきます。後半に、皆藤さんと 4人の高校生・大学生による読書会を行います。皆藤さんと過ごす読書会を観覧しませんか?
『ようするに、怪異ではない』STORY・・・わけあって東京から鳥取県の親戚のアパートで一人暮らしをすることになった冬目皆人。親戚の秋月燐太郎と一緒に境西高校に通うことになったが、入学初日に妖怪研究同好会に勧誘されいろいろな事件の謎解きをすることに―。


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 2−エ

15:00〜16:45 大会議室C

本の魅力を伝えよう!「上映ブックトレーラー受賞作品」&「決戦!ビブリオバトル」

定員:30名様


■ブックトレーラーとは、「映画の予告編」のように本の内容や魅力を映像で伝える「本の予告編」のことです。ブックフィルムフェスティバルでの鳥取県の受賞者作品を一緒に楽しみましょう!
■事前エントリーした出場者(バトラー)たちによる ビブリオバトルを開催します! バトラーが5分間でおすすめの本を紹介しますので、あなたが一番読みたいと思った本に投票してみましょう!


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

分科会 2−オ

15:00〜16:45 小会議室

本でおしゃべりしよう!〜ブックワールドカフェ@みなとテラス〜

定員:20名様


「ブックワールドカフェ」とは、ワールドカフェ方式を取り入れ、本を中心にした交流を表す造語です。ワールドカフェ方式は、カフェのようにオープンでリラックスした空間で行う意見交換の方法で、認識を深めたり新たな気付きを得たり、参加者同士の理解を深めることを主な目的としています。今回は、これを本の紹介に取り入れ、ブックワールドカフェという活動にしました。テーマに沿った本を持ち寄って、みんなでわいわいおしゃべりしましょう!
・まずグループに分かれて交流します。その後別のグループに移動してさらに交流します。最後に全体共有を行います。
・お茶とお茶菓子をご用意しています。
★ロビーに県内の学校図書館の様子を掲示しています。合わせてご覧ください。 
運営:学校図書館問題研究会鳥取支部+有志


持ち物:一人一冊、テーマに沿った本をご用意ください。今回のテーマは「この本、〇〇に役立ちました!」(仕事に、趣味に、人生に、なんでもOK!)です。


ウェブサイトの事前申込は締め切りました。
参加希望の方は、境港市民図書館(0859-47-1099)にお問い合わせください。

 

その他

 境港市民図書館内

一棚図書館

「本の学校文化祭」に関わってくださっている方たちに、おすすめの本を選んでもらいました。様々なテーマで選ばれた「一棚図書館」。一棚図書館館長のコメントも合わせてどうぞ!


 

その他

13:30〜 和室

地元読書ボランティアによるお話し会

幼児から大人まで楽しめるお話し会です。


 

参加お申し込みについて

専用フォームからお申し込みください。 でのお申込みは終了しました。
・境港市民図書館でもお申込みを受け付けます。
・当日のご連絡は、境港市民図書館までお願いいたします。 TEL:0859-47-1099

 

コロナウイルス対策について

・事前申込みが必要です。
・熱のある方、体調のすぐれない方は、参加を控えていただくようお願いいたします。
・会場で検温を行います。
・マスクの着用をお願いいたします。会場に消毒用アルコールを設置します。手指消毒をしていただくようお願いいたします。
・会場の換気、距離を確保した座席の配置を行います。
・講師の体調や新型コロナウイルス感染状況によっては、当日であっても中止または延期させていただく場合があります。その場合はHPでお知らせいたします。
感染防止策チェックリスト

 

お問い合わせ

NPO法人本の学校
TEL:0859-31-5001
FAX:0859-31-9231
MAIL:info@honnogakko.or.jp(事務局:津田/山本)
〒683-0801鳥取県米子市新開2丁目3番10号 (本の学校・郁文塾内)

主催:NPO法人本の学校設立10周年記念本の学校実行委員会
共催:鳥取県立図書館、境港市民図書館
後援:鳥取県図書館協会、鳥取県公共図書館協議会、鳥取県学校図書館協議会、鳥取県大学等連絡協議会、鳥取県書店商業組合、今井書店グループ

2022-10-03 | セミナー・イベント, 一般公開, 学びの場拡充事業, 山陰

  • このページをはてなブックマークに追加
  • 会員・賛助会員募集