お知らせ

生涯読書のこれからを考える ~書き手、作り手、送り手、そして読者の視点から~

やまなし読書活動促進事業×NPO本の学校共催
生涯読書のこれからを考える
~書き手、作り手、送り手、そして読者の視点から~

山梨県と山梨県立図書館は昨年度から、地域の書店とも連携し、人々が本を贈り合う習慣を身につけることで読書への関心と、読書習慣を確立することを目的に「やまなし読書活動促進事業」を開始しました。今年度もこの事業を始めるに当たり、生涯読書を推進するNPO法人本の学校とともに、本の書き手(作家)、作り手(出版社)、送り手(書店)、そして読み手(読者)が参加して、読書のいまとこれからを考えるイベントを実施します。近隣の方はもとより、ぜひ全国の皆様も「図書館・書店・地域住民」が一体となった、生涯読書推進のイベントにご参加ください。

◆日時:2015年6月21日(日)11:00~17:00
◆会場:山梨県立図書館(JR甲府駅より徒歩3分)
◆参加料:無料

特別講演

特別講演

11:00~12:30

椎名誠 講演会「本の夢 本の力」

椎名誠氏プロフィール
1944年東京都生まれ。作家。1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。
主な作品は、『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など。近著は、『埠頭三角暗闇市場』(講談社)、『地球上の全人類と全アリンコの重さは同じらしい。』(早川書房)、『ぼくは眠れない』(新潮新書)。最新刊は、『EVENA』(文藝春秋)、『アイスランド 絶景と幸福の国へ』(ナショナルジオグラフィック)、『孫物語』(新潮社)。
自身が企画・プロデュースした『怪しいの大好き!とつげき!シーナワールド!!3』(椎名誠 旅する文学館)を2015年4月に刊行。旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものなどを執筆。趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。
公式インターネットミュージアム「椎名誠 旅する文学館」 h p://www.shiina-tabi-bungakukan.com

※特別講演の参加には事前申し込みが必要です(先着順・定員200 名)
※詳細は山梨県立図書館webサイトまたは下記チラシをご覧ください。

椎名誠 講演会「本の夢 本の力」(pdf)

 

パネルディスカッション

パネルディスカッション

13:40~15:10

「やまなし読書活動促進事業の可能性」

司会: 星野渉(NPO法人本の学校・文化通信社)
パネリスト:須藤令子(朗月堂 代表取締役) 宮川大輔(春光堂 専務取締役) 小菅一徳(天真堂書店 代表取締役) 斉藤秀(山梨県立図書館副館長)

※パネルディスカッションは事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越し下さい。

 

分科会

分科会1

15:30~17:00

講演「本の作り方から届け方まで」

2階多目的ホール

講師:小野寺 優(河出書房新社)

 

分科会2

15:30~17:00

ワークショップ「好きな本のPOPを作ろう」

会場:交流ルーム101・102

講師:渡辺小百合(卓示書店)、藤井郁(朗月堂)

 

分科会3

15:30~17:00

講演「100年後も読み継がれる一冊」を地方でつくる

会場:イベントスペース東

講師:木下 豊(文屋)

※分科会は事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越し下さい。
※分科会にはどれかひとつしか参加できません。

■お申込み・お問い合わせ

【本イベントのお申し込み:お問い合わせは下記宛にお願いします】
山梨県立図書館 〒400-0024 山梨県甲府市北口2-8-1
http://www.lib.pref.yamanashi.jp
Tel:055-255-1040(代表)
Fax: 055-255-1042
E-mail: shinko@lib.pref.yamanashi.jp

2015-06-03 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他

  • このページをはてなブックマークに追加
  • 出版産業シンポジウム 2017 in 東京
  • 会員・賛助会員募集