<参加受付中!>第24回「本の学校連続講座」

生涯読書をすすめる会&「知の地域づくり」公開講演会 開催のお知らせ

生涯読書をすすめる会&「知の地域づくり」公開講演会
絵本と鳥の巣のふしぎ~鳥の巣が教えてくれること

◆講師:鈴木まもるさん(画家・絵本作家・鳥の巣研究家)
絵本作家・鈴木まもるさんによるトークです。本物の鳥の巣(20コ)を見せていただき、絵本や子育て、自然や教育などのお話をうかがいます。 海外の不思議な写真も紹介していただきます。
著書の販売も行います。また、サインもしていただけます

◆日時:2024年3月24日(日)13:30~16:00 ※途中休憩あり
◆会場:米子・本の学校2階 多目的ホール
◆参加料:500円
◆定員:70名(先着順)
◆対象:絵本や鳥の巣に興味のある方。大人も子どももOK(小学生以下は無料)

参加申し込みは下記にて承ります
メール:info@honnogakko.or.jp 電話:松江 0852-24-2231(平日のみ10時~17時) FAX:松江 0852-24-3689
※米子事務局は一時的に閉室しております。メールでのお問い合わせ・お申し込みをおすすめいたします
※お申し込みの際には参加される方の「お名前」「連絡先(Tel/Fax)」「ご住所」をお知らせください

◆登壇者略歴
鈴木まもる●1952年東京に生まれる。東京藝術大学美術学部工芸科中退。1986 年より伊豆半島在住。画家・絵本作家・鳥の巣研究家。絵本・童話の挿絵など児童図書の絵をおもに描いている。 主な作品『ぼくの鳥の巣 絵日記』『鳥の巣いろいろ』『ふしぎな鳥の巣』(偕成社)、『世界の鳥 の巣の本』(岩崎書店)、『みんな赤ちゃんだった』『みずとはなんじゃ?』(小峰書店)、『ウミガメものがたり』(童心社)など多数。絵画活動と並行して鳥の巣の研究をしている

◆ご案内チラシ・お申込用紙(PDF)はこちらからダウンロードできま す
チラシ・申込用紙