お知らせ2014年

特別講演会・シンポジウム2014年春in米子 「図書館のこれからを考える」開催のお知らせ

鳥取県米子市の「本の学校 2階多目的ホール」では、「図書館のこれからを考える」テーマで2つの講演会を開催いたします。ぜひとも奮ってご参加ください。

特別講演会・シンポジウム2014年春
「<図書館のこれから>を考える」

特別シンポジウム

2014/2/27(木)18:30~20:00

図書館ってなあに?―図書館の可能性を探る―

会場:「本の学校」2階多目的ホール

「知恵の交流を通じた人づくりの場」をコンセプトに 人口67,000余の塩尻市に誕生し賑わう市民交流センター「えんぱーく」とその中心施設、市立図書館の前館長、内野安彦さん。
確かな市民との協働の歩みと、「子育て支援」「青少年交流」「シニア活動支援」「ビジネス支援」などの行政の縦割りを越えた市民サービス。その実践と、図書館研究者としてのお話をお聞きし、交流を深めます。

講師●内野 安彦(前塩尻市立図書館長、常磐大学、松本大学松商短期大学部非常勤講師)
講師プロフィール●1956年茨城県生まれ。茨城県鹿嶋市立図書館長、長野県塩尻市立図書館長を経て、現在、常磐大学、松本大学松商短期大学部の非常勤講師。FMかしま「Dr.ルイスの“本”のひととき」のラジオパーソナリティーも務める。著書に『だから図書館めぐりはやめられない』(ほおずき書籍)、『図書館はラビリンス』(樹村房)、『図書館制度・経営論』〔共著〕(樹村房)。『図書館長論の試み(仮題)』(樹村房)が2014年3月刊行予定。

 

特別シンポジウム

2014/3/2(日)13:00~16:00

行ってみたくなる図書館は?―市民がつくる街の読書環境―

会場:「本の学校」2階多目的ホール

図書館友の会全国連絡会は、図書館に関心ある個人・グループが交流し、知恵を出し合い、支えあって理想とする図書館づくりを進めていくネットワークと聞きます。
私達は日頃、地域の図書館や学校図書館などの大切さと可能性をどれ程、実感しているでしょうか。
ある日、そのことに気づいた人々は、まだ見ぬ図書館への旅に出るのではないでしょうか。
福富さんの人生がそれを物語っています。
旅のなかばでの限りない出会いや事例をお聞きし、様々なお立場からの意見交換は、あなたの人生の旅路の大切なひとときとなるはずです。

講師●福富洋一郎(図書館友の会全国連絡会代表)
講師プロフィール●1944年、北九州市生まれ。1967年、民間会社入社。
1988年、世田谷区から港北ニュータウンに転居。会社人間として東京に通う。鶴見川流域の歴史と自然環境に関心を持ち、水と緑の街づくりの地域活動を始める。
1994年「早渕川ファンクラブ」2001年「つづき図書館ファン倶楽部」に参加。
その後「神奈川の図書館を考えるつどい」「図書館友の会全国連絡会」(2011年から代表)など所属団体多数。


———————————

◆参加費: ともに無料
◆会場:「本の学校」2階多目的ホール
   鳥取県米子市新開2-3-10 本の学校 今井ブックセンター2階

◆お申込み方法:
 本の学校事務局宛に、
 「どちらの講演会に参加希望か」をご明記の上、
 電話、Fax、メールにてお申し込みください。
 Tel:0859-31-5001 Fax:0859-31-9231 メール: info@honnogakko.or.jp

 

2014-02-03 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰

特別シンポジウム2014春 街の本屋と図書館の連携を考える

本の学校 特別シンポジウム2014春

特別シンポジウム

2014年3月5日(水)13:30~16:00(受付:12:30~)

街の本屋と図書館の連携を考える ―地域社会での豊かな読書環境構築に向けて―

主催 NPO本の学校

◆開催趣旨
地域の読書環境と出版産業の将来を切り開くための活動を続けているNPO法人本の学校では、読書・出版環境が劇的に変わるいま、人々の読書環境をこれまで以上に充実させ、あわせて「知の再生産」の循環を再構築するために、地域の書店と図書館が連携できるのではないかと考えています。しかしこれまで両者の関係は、図書の「発注者」と「納入業者」にとどまり、相互に連携しながら地域の環境を整備していくという意識は乏しかったように思われます。

 そこで、図書館人と書店人がコミュニケーションを深め、お互いの本質的な役割を認識した上で、地域の人々にこれまで以上に豊かな読書生活を提案する活動を進め、その結果として「知の再生産」サイクルが地域社会から整備されていくことを目指し、このほど書店と図書館の連携をテーマにしたシンポジウムを企画いたしました。書き手、図書館、行政、書店と様々な立場からこの問題についてお考えの方々をパネリストとしてお招きし、実践例や課題、あるべき読書環境の構築について、議論していただきます。

会場●TKPガーデンシティ竹橋 11Aホール/東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル/TEL:03-5220-2630/http://tkptakebashi.net/
パネリスト●阿刀田高(山梨県立図書館長・作家) 片山善博(慶應義塾大学・前鳥取県知事・元総務大臣) 花井裕一郎(元小布施町立図書館まちとしょテラソ館長・NPOオブセリズム代表) 宮川大輔(春光堂書店専務取締役・甲府市) 高須大輔(豊川堂専務取締役・豊橋市)
参加費●無料

◆お申し込み(要事前予約)
*********************************
こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://my.formman.jp/form/pc/Vg1vtBmB00hkiLsf/
********************************* 
※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp 
※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。 0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

 

2014-01-22 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

  • 会員・賛助会員募集