お知らせ2013年

本の学校連続講座第12回「魅力的な書店を考える」

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第12回を開催いたします。

 

本の学校連続講座

2013年12月2日(月)18:30~20:30(受付18:00)

 

電子書籍・買切制・新業態 魅力的な書店を考える

 

経済産業省のプロジェクトである「ヒューチャー・ブックストア・フォーラム(FBF)」も今年で3年目を迎え、明朗闊達な議論を経て、いよいよ実証実験を開始します。そこで、今回の「本の学校連続講座」では、FBFの第1期からワーキンググループのメンバーである三省堂書店の亀井崇雄氏、有隣堂の松信健太郎氏をお招きし、これからの書店経営に欠かすことができないリアル店舗における電子書籍の販売や、買切制の導入、新たな業態モデルなど、未来の書店像について若き経営リーダーである両名の知見をお聞かせいただきます。

 

◆講師略歴
亀井 崇雄(かめい たかお) 株式会社 三省堂書店 専務取締役
 2005年 株式会社 三省堂書店入社。2010年より現職。
松信 健太郎(まつのぶ けんたろう) 株式会社 有隣堂 取締役 店売事業本部長 兼 経営企画室長
 2007年 株式会社 有隣堂入社。2009年 店売事業部長、2012年 店売事業本部長、2013年より現職。

 

◆講師: 亀井崇雄(三省堂書店)/松信健太郎(有隣堂)
◆司会:星野渉(文化通信社取締役編集長)
◆日時:2013年12月2日(月)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)
◆参加料: 5,000円(税込)※当日・現金精算のみ

 

※「本の学校連続講座」とは? さまざまな形で活躍する「書店人」に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探る、NPO本の学校主催のセミナー。2011年より年数回のペースで開催。

◆お申し込み(要事前予約)
*********************************
こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://my.formman.com/form/pc/ZVAIWktrDHStactF/
*********************************
※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp
※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。

0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

2013-11-01 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京 |

本の学校連続講座 第11回/「地域に根ざした書店」の作りかた 開催のお知らせ

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第11回を開催いたします。

本の学校連続講座

2013年9月30日(月)18:30~20:30(受付: 18:15~)

「一箱古本市」から「地元商店街とのコラボレーション」まで
「地域に根ざした書店」の作りかた

講師: 笈入建志(千駄木・往来堂書店)

独自の店頭作りに注目が集まり、メディアにも多数登場する千駄木・往来堂書店。2000年より二代目店長となった笈入建志氏が近年特に気にかけているテーマは、「街の書店はどう地域と連携していけばよいか」であるという。笈入氏は2005年より、地域の古書店、住民などとともにイベント「不忍ブックストリート」を開催したり、地元商店とコラボレーションして店頭でパンや植物などを期間限定で販売したり、『D坂文庫』のような、読者・お客様参加型の文庫フェアを開催したり・・・など、多岐にわたる活動を行っている。本講座では、そのさまざまな活動を紹介いただくとともに、笈入氏が考える「地域に根ざした町の書店」の未来像についてお話しいただく。

講師プロフィール●1970年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、大型書店で6年間勤務。2000年、個性的な棚作りで注目されていた往来堂書店が店長を募集していると知り応募、店長に。「新しい発見のある本屋」を目指して日々奮闘中。
会場●岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)
参加費●5,000円(税込)※当日・現金精算のみ

◆お申し込み(要事前予約)
*********************************
こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://my.formman.com/form/pc/ZVAIWktrDHStactF/
*********************************

※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp
※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

2013-08-24 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

「本の学校連続講座」第10回/「『本屋大賞』10年目の告白」開催のお知らせ

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第10回を開催いたします。

====================================

日本一の文学賞を創った現場の書店員たちが語る

『本屋大賞』10年目の告白

====================================

内田剛(三省堂書店)、飯田和之(芳林堂書店)、杉江由次(本の雑誌社)

◆日時:2013年6月19日(水)18:30~20:30(受付:18:00~)

◆会場:岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)

◆参加料:5,000円

◆講演内容:

「売り場からベストセラーをつくる!」ことを目的に発案された『本屋大賞』は、今年で10年目を迎えましたが、今や『直木賞』や『芥川賞』など歴史と権威のある文学賞よりも売れる「日本一の文学賞」であることは、疑いの余地はありません。しかし、毎年行われる華やかな授賞式の舞台裏では、10年間多くの書店員たちがボランティアで運営を支えてきました。

本講座では、裏方として長年『本屋大賞』の運営を支えてきた書店員たちに『本屋大賞』の過去・現在・未来を語っていただきます。

◆お申し込み(要事前予約)

*********************************

こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://my.formman.com/form/pc/ZVAIWktrDHStactF/
********************************* 
※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp 
※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

2013-05-11 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

アントネッラ・アンニョリ『知の広場』特別講演会のお知らせ

「知の広場-図書館と自由」(みすず書房)の著者、アントネッラ・アンニョリさん(イタリア・ボローニャ在住)がこの春に来日され、東京・北海道・京都・仙台など全国各地で講演を行います。そのうちの1ヶ所として、米子の「本の学校・今井ブックセンター」にて講演会を開催することとなりました。山陰地域にお住まいの皆様にはぜひご参加いただきますよう、お願いいたします。

特別講演会・アントネッラ・アンニョリ 『知の広場』講演会
◆2013年6月3日(月)15:00~17:00(定員50名)
◆「本の学校・2F多目的ホール」 http://gakkou.imaibooks.co.jp/
◆参加申し込み:
本の学校事務局宛に、電話・メール・Faxでお申し込みください
  TEL(0859)31-5001 FAX(0859)31-9231
  E-mail b-schule@imaibooks.co.jp

アントネッラ・アンニョリ【プロフィール】アントネッラ・アンニョリ  イタリア・ボローニャ在住。1977年ヴェネツィアにスピネア図書館を開館させ、2000年まで館長を務める。2001年から2008年まで、ペーザロの新図書館〈サン・ジョヴァンニ〉の計画・実現にたずさわる。近年、パブリック・スペースの環境作りから公共サービス、司書教育に関するアドバイザーとして、ボローニャ〈サラ・ボルサ〉、グッビオ〈スペレッリアーナ〉、フィレンツェ〈オブラーテ〉、ピサ、チニゼッロ・バルサモなど、数多くの図書館と恊働しており、ロンドンの〈アイデア・ストア〉では子ども部門も担当した。 著書に『子どものための図書館』(ビブリオグラフィカ、1999年)。その他、図書館ジャーナル『今日の図書館(Biblioteche oggi)』をはじめ、新聞『マニフェスト』『レプッブリカ』、雑誌『アルファベータ2』『イル・ムリーノ』へも数多く寄稿している。

◇通訳:萱野有美(かやのゆうみ) 「知の広場」翻訳者 1975年千葉県生まれ。東京外国語大学外国語学部欧米第二課程(イタリア語)卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了。訳書に、ムナーリ『ファンタジア』(2006)『デザインとヴィジュアル・コミュニケーション』(2006)『モノからモノが生まれる』(2007)『芸術家とデザイナー』(2008、すべてみすず書房)

2013-05-11 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰

NPO法人 本の学校 出版産業シンポジウム 2013 in 東京 ~転換点で考える本をつたえる仕事のこれから~

1995年から5年間にわたり、鳥取県大山町で開かれた「本の学校大山緑陰シンポジウム」は、2006年には「出版産業シンポジウムin東京」に引 き継がれました。今年8回目を迎える「本の学校・出版産業シンポジウムin東京2013」は、7月6日(土)東京国際ブックフェアが開かれる東京ビッグサ イト会議棟で、「転換点で考える 本をつたえる仕事のこれから」をテーマにシンポジウムと4つの分科会を開催します。

主要な電子書籍配信サービスが始まり、電子書籍が本格的に普及するなど、「本をつたえる仕事」そのものが変化しようとしています。そのように環境が 大きく変わろうとしている時代に、本と読者が出会う場所としての書店の役割はどうなるのか。本を届けている取次は、本を通した人々のつながりは、大学や図 書館は、雑誌は…。そうした疑問を、現在進行している事象を通して、そこに携わる人々が集まって議論します。

皆様のご参加をお待ちしております。

●日時 2013年7月6日(土)10:00~16:00
●会場 東京ビッグサイト会議棟 http://www.bigsight.jp/
●受付 (9:00-10:00)


主催:特定非営利活動法人 本の学校
協賛:日本書店商業組合連合会 書店新風会 日本書店大学
    日本書籍出版協会 日本雑誌協会
    出版文化産業振興財団 版元ドットコム 日本出版学会

 

2013-05-07 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

「出版業界人基本教育講座2013」開催のお知らせ

—————————————–
「出版業界人基本教育講座2013」開催のお知らせ
—————————————–

「出版業界人基本教育講座」は、書店人を中心とする出版業界人を対象にした研修講座として、本の学校創設時より形式を変えながら続けられ、今年で19回目を迎える「本の学校」主力事業の一つです。

2012年秋にリニューアルした鳥取県米子市「本の学校」の研修施設で、現役の書店人・編集者・研究者などを講師として招き、2泊3日で講座形式、ワークショップ形式の研修を実施いたします。

これから書店・出版業界を志す方から、今までの仕事を見つめなおし、新たな知見を得たいという意欲のある方まで、数多くのご参加をお待ちしております。

—————————————————————
【書店人教育講座2013 プログラム】

◆5月8日(水)
 ・13:00~13:30 開講式 
 ・13:40~15:10 田辺 聰(日本書店大学)「本の学校の魂」 
 ・15:20~16:20 田江 泰彦(今井書店)「“書店”について、考えること」 
 ・16:30~18:00 前田 昇(ブックスタート理事)「本を介して、子育て・むら育て」

◆5月9日(木)
 ・10:00~11:30 梶原治樹(扶桑社)「雑誌販売手法の改革」
 ・11:40~12:40 田辺 聰(日本書店大学)「グループディスカッション-明日の出版界を担う力(2)」第一部
 ・13:20~14:20 田辺 聰(日本書店大学)「グループディスカッション-明日の出版界を担う力(2)」第二部
 ・14:30~16:00 内沼晋太郎(ブックコーディネーター)「本の逆襲」
 ・16:10~17:40 河野通和(新潮社)「編集の現場から~危機と言われ続ける中で~」
 ・17:40~   交流会

◆5月10日(金)
 ・09:30~11:00 柴野 京子(上智大学)「日本の『書店』考」
 ・11:10~12:40 植村 八潮(専修大学)「電子書籍の現状と動向」
 ・13:10~14:40 星野 渉(文化通信社)「電子化時代に求められる書店の役割」
 (15:00~   NPO法人「本の学校」総会

※テーマ、講師等は変更となる可能性があります
—————————————————————

◆開催日 2013年5月8日(水)~10日(金)

◆会場  本の学校 2階・多目的ホール
 (〒683-0801 鳥取県米子市新開2-3-10 ℡0859-31-5001)

◆受講料 全日程受講(税込)15,000円 選択受講 1講座につき2,000円
   ※お支払いは当日会場にて受け付けます
   ※宿泊料金・交通費は料金に含みません(宿泊施設をご紹介いたします)

◆お申し込み・お問い合わせ  NPO法人本の学校事務局(担当:井澤・山本)
℡0859-31-5001 Fax0859-31-9231 E-mail info@honnogakko.or.jp

2013-04-02 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰

「本の学校連続講座」番外編 開催のお知らせ

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。今回はその「番外編」を開催いたします。

====================================
「これからの書店」について考える
~「本の学校 連続講座」から見えてきたこと~
====================================

星野渉(文化通信社)/ 柴田信(岩波ブックセンター) / 草彅主税(丸善書店)

◆日時:2013年3月25日(月)18:30~20:30(受付:18:00~)

◆会場:岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)

◆参加料:無料 ※懇親会は別途会費制でご案内します

◆講演内容:

連続講座の企画中心メンバーが、今までの講座の内容を振り返るとともに、そこから見えてくる「これからの書店経営に必要な考え方、ノウハウ」について議論します。今回は、参加者の皆様からも幅広くご意見を伺うワークショップ形式といたします。

◆お申し込み(要事前予約)

*********************************

こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://bit.ly/JN4q7u
*********************************
※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp
※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)
※PDFチラシをこちらからダウンロードできます 本の学校連続講座 番外編チラシ

2013-03-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

「本の学校連続講座」第9回/講師・嶋浩一郎氏/内沼晋太郎氏(下北沢「B&B」) 開催のお知らせ

 さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第9回の開催が決まりましたのでお知らせいたします。皆様ふるってご参加ください。

=====================================

「下北沢『B&B』が目指す新しい“街の本屋”のかたち」

講師:嶋浩一郎/内沼晋太郎(下北沢「B&B」) 司会:星野渉(文化通信社取締役編集長)

◆日時:2013年2月21日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:岩波セミナールーム(東京/神保町・岩波ブックセンター信山社3F)地図
◆参加料: 5,000円(税込)※当日・現金精算のみ

 ◆講演内容:
東京・下北沢に2012年にオープンした「B&B」は、博報堂ケトルの嶋浩一郎氏とブックコーディネーターの内沼晋太郎氏が共同で立ち上げた新しい“街の本屋”だ。毎晩欠かさず開催されるイベント、店内でビールを飲みながら本が選べる、「文脈棚」の考え方に基づいた独創的な品揃え・・・と、既存の書店の概念からは考えつかないような取り組みの数々が、多くの注目を集めている。本講座では、B&Bのコンセプトから品揃えなどの手法、書店を経営してみて改めてわかった新刊市場の現状や課題など、メディアに出ない情報まで含めてお話いただく。

◆講師略歴:

嶋浩一郎:1968年生まれ。上智大学法学部卒。1993年博報堂入社。2006年既存の広告手法にとらわれない課題解決を目指し、博報堂ケトルを設立。「本屋大賞」の立ち上げや、カルチャー誌『ケトル』(太田出版)の編集長など、出版や雑誌に関わる多数の企画に携わる。
内沼晋太郎:1980年生まれ。一橋大学商学部卒。ブック・コーディネイターとして、書籍売り場やライブラリのプロデュース、本にまつわるプロジェクト企画や作品制作、書店や出版社のコンサルティングなどを手がける。著書に『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』(朝日新聞出版)ほか。

◆お申し込み(要事前予約)
*********************************

こちらの受付フォームに必要事項をご記入ください
http://bit.ly/JN4q7u
********************************* 

※席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

※上記のフォームが開けない方、あるいはその他のお問い合わせが有る方は、以下のメールにて承ります。
info@honnogakko.or.jp

※Faxでもお申し込みを受け付けます。必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込みください。
0859-31-9231(本の学校事務局・郁文塾内)

※PDFチラシをこちらからダウンロードできます 本の学校連続講座 第9回チラシ

 

2013-01-11 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

  • 会員・賛助会員募集