一般公開

本の学校2022 ブレストミーティング

NPO本の学校2022 ブレストミーティング
〜本の価値、読者、そして地域とは〜

日時:2022年11月20日(日)  開場 12:30
場所:日本印刷会館(東京都中央区新富1丁目16番8号) ※オンライン同時配信あり

分科会: 13:00〜15:00 (第1〜第3分科会は同時間帯に開催されます)
全体会: 15:45〜17:00

参加費: 会場参加 ¥1,650(税込) / オンライン参加 ¥550(税込)
定員: 会場 各分科会30名様 申込順 / オンライン 各分科会100名様
※アーカイブ配信はありません。

1995 年に米子で生まれた本の学校は、本に関心をもつ人が全国から集まり、立場を超えて率直な議論をする場になりました。
有志の手を経て法人化してからも、「本との出会いを作り、育てる/知の地域づくり」を指針に活動を続けています。今日、本をめぐる現実はより多様化しています。
デジタルは日常となり、出版産業が厳しさを増すかたわらで、新しいアイデアをもって本にアプローチする人たちが現れ、若い人の支持を得ています。
こうした時代に、ふたたび自由な議論を開きたいという思いから、毎秋に行ってきたシンポジウムを〈本の学校2022 ブレストミーティング〉として開催することにしました。
3つの分科会では、それぞれのメンバーが参加者とともに意見を交換します。読者とは誰か、本の価値とは、そして地域とは何か。
みなさまのご参加をお待ちしています。

チラシを見る ※右クリック「リンク先を保存」でダウンロードできます。

2022-10-10 | セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版の未来像創造事業

NPO法人本の学校設立10周年記念 本の学校文化祭

NPO法人本の学校設立10周年記念 
本の学校文化祭 in 境港市民交流センターみなとテラス

日時:2022年11月6日(日)
会場:境港市民交流センターみなとテラス(鳥取県境港市上道町3000)

NPO法人本の学校は、2022年3月1日に10周年を迎えました。
1995年に鳥取県米子市でスタートした本の学校大山緑陰シンポジウムは、業界や立場を超えて、本に関心をもつすべての人々をつなぐ〈場〉を提供しました。
そこに集った人々が各地でさまざまに活動をひろげ、いつしかゆるやかな輪が形づくられてきました。
これらの活動を絶やさないために誕生したのが、NPO法人本の学校です。
この度7月にオープンした境港・みなとテラスを会場に、本にまつわる各イベントを開催いたします。
本が人々を繋ぐ新たな〈場〉のひとつとして「本の学校文化祭」をお楽しみください。

2022-10-03 | セミナー・イベント, 一般公開, 学びの場拡充事業, 山陰

【生涯読書をすすめる会】共に絵本を作って35年 ― そして『ざりがにのおうさままっかちん』主人公ののぞみは今 絵本作家 なとりちづさんと語ろう

共に絵本を作って35年 ― そして『ざりがにのおうさままっかちん』主人公ののぞみは今 絵本作家 なとりちづさんと語ろう

●日時 2022年 9月11日(日) 10:30~12:00
●会場 本の学校 2階 多目的ホール
(鳥取県米子市新開2-3-10/TEL:0859-31-5001)
●受講料 500円
●定員 50名

2022-07-27 | セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 生涯読書活動事業

【生涯読書をすすめる会】かがく絵本の楽しみ~子どもと自然と小さないのち~絵本作家・エッセイスト 澤口たまみさん(伴奏 石澤由男さん)を迎えて

かがく絵本の楽しみ~子どもと自然と小さないのち~
絵本作家・エッセイスト 澤口たまみさん(伴奏 石澤由男さん)を迎えて―

●日時 2022年 7月3日(日) 13:30~15:00
●会場 本の学校 2階 多目的ホール
(鳥取県米子市新開2-3-10/TEL:0859-31-5001)
●受講料 500円
●定員 50名

2022-06-15 | セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事, 生涯読書活動事業

NPO本の学校 書店人教育講座 2022春講座 本の世界で働くための最新情報・ノウハウを集中して学べる2日間

NPO本の学校 書店人教育講座 2022春講座
本の世界で働く人のために「今知っておきたい」情報をコンパクトに凝縮!

日時:2022年5月20日(金),21日(土)
会場:オンライン※ZOOM使用
主催:NPO 法人 本の学校


「書店人教育講座(春講座)」は書店人としての基礎教養を学ぶための講座として、「本の学校」創設時より四半世紀以上にわたって続く歴史ある講座です。現役の出版・図書館関係者をはじめ、第一線で本とかかわる方を講師にお招きし、多角的なテーマで「本と書店のいま、そして未来」をお伝えします。 書店人だけでなく、本や出版に興味のある方なら、どなたでも受講いただけます。

 

 

2022-04-04 | セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版業界人育成事業, 注目記事

【文藝学校】第18回「文藝学校」講演会 のお知らせ

広島大学文学部が鳥取県米子市の NPO 法人「本の学校」と共同で開催しています「文藝学校」講演会。今回の「文藝学校」講演会は、新型コロナウィルス感染症を配慮し、初のオンライン開催といたします。

キャッチフレーズは、「困ったときこそ、人文学。」
  広島大学文学部の講義を体験してみませんか。多数のご参加をお待ちしております。
また講演終了後には、高校生の皆さんからの受験相談も承ります。現役の学生が応対しますので、お気軽にご参加ください。

第18回「文藝学校」講演会

●日時:2021年 12月25日(土) 10:30~17:00
●参加費:無料・Zoom によるオンライン開催
(アーカイブ配信はありません)


主催:広島大学大学院文学研究科/特定非営利活動法人 本の学校
共催:(株)今井書店グループ・「本の学校」郁文塾

文藝学校チラシ

2021-11-28 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 学びの場拡充事業, 注目記事

本の学校 出版シンポジウム2021 第7フォーラム 創業者が語る「小さな本屋の作り方と続け方」

本の学校 出版シンポジウム2021 本の価値をあらためて考える

第7フォーラム 創業者が語る「小さな本屋の作り方と続け方」~開業準備から運営まで 考えなければならないこと~

コーディネーター:大井実(ブックスキューブリック)
パネリスト:落合博(Readin’ Writin’ BOOKSTORE)、中村勇亮(本屋ルヌガンガ)

かつて23,000 店以上あると言われた書店数はいまや8000 店を下回るほどになっています。一方でこの20 年余、従来型の取次ルートに依存しない個人書店などは増えています。しかし、そうした書店を開業し運営していく方法はそれぞれの工夫や努力に委ねられています。実際に書店を開業した3人の創業者が、創業準備から営業を継続するための具体的なポイントについて語り合います。


※本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。
※その他のフォーラムのご案内は本ページ下部をご確認ください。

2021-10-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版の未来像創造事業, 注目記事

本の学校 出版シンポジウム2021 第6フォーラム 「100分de名著」が伝える本の価値

本の学校 出版シンポジウム2021 本の価値をあらためて考える

第6フォーラム 「100分de名著」が伝える本の価値 秋満プロデューサーに聞く

講師:秋満吉彦(NHKエデュケーショナル)
聞き手:持谷寿夫(みすず書房/NPO本の学校)

今、あらためて考えてみます。現代の本の価値とはいったい何なのだろうかと。変化し続ける社会のなかで、なにが変わりなにが生まれているのだろうかと。テレビというメディアのなかで、一冊の本の価値を最大限に引き出し伝えている「100 分de名著」という番組。その伝える力は多くのあらたな読者を生み出しています。制作にたずさわる秋満吉彦プロデューサーは本の世界をどのように見て、どのような価値を見いだそうとしているのでしょうか。変わることのない本の世界の多様性と可能性をともに考えていきます。


※本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。
※その他のフォーラムのご案内は本ページ下部をご確認ください。

2021-10-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版の未来像創造事業, 注目記事

本の学校 出版シンポジウム2021 第5フォーラム 書店SNSの可能性を探る

本の学校 出版シンポジウム2021 本の価値をあらためて考える

第5フォーラム 書店SNSの可能性を探る~自店のファンをつくるための展望~

コーディネーター:川上徹也(湘南ストーリーブランディング研究所)
パネリスト:小西康裕(正和堂書店)、山中由貴(TSUTAYA中万々店)

顧客獲得のためのSNS 活用は、小売店にとっては必須の時代。特に昨今は、書店でも本や自店のPRを行うケースが増えてきました。とはいえ、多くの書店員にとっては「SNSをどのように活用すればいいのか」「始めたは良いが継続は困難」など悩みの種はつきません。そこで本フォーラムでは、コピーライターの川上徹也氏をコーディネーターに迎え、書店の現場からは「アイスのブックカバー」で大きな話題となった小西康裕氏、「なかましんぶん」で有名な山中由貴氏を招いて、SNS の可能性を探りながら、SNS による書店のストーリー作りについて議論します。


※本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。
※その他のフォーラムのご案内は本ページ下部をご確認ください。

2021-10-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版の未来像創造事業, 注目記事

本の学校 出版シンポジウム2021 第4フォーラム ドイツ独立系書店の経営と業界団体の活動を聞く

本の学校 出版シンポジウム2021 本の価値をあらためて考える

第4フォーラム ドイツ独立系書店の経営と業界団体の活動を聞く~最大手独立系書店オジアンダーの経営者が登壇~

コーディネーター:星野渉(文化通信社/NPO法人本の学校)
パネリスト:ハインリッヒ・リートミュラー(書店オジアンダー代表・元ドイツ図書流通連盟会長)
通訳:アンゲリカ・キーラン

日本の出版業界で注目されるドイツの書店経営について、ドイツ最大の独立系書店オジアンダーの経営者ハインリッヒ・リートミュラー氏が語ります。リートミュラー氏は創業400年以上の歴史を持つ同書店のオーナーであるとともに、ドイツの出版業界団体「ドイツ図書流通連盟」の元会長でもあります。ドイツにおける独立系書店の状況、そしてインフラ整備やロビー活動に取り組む業界団体の活動などをリアルタイムで話します。


※本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。
※その他のフォーラムのご案内は本ページ下部をご確認ください。

2021-10-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 共通・その他, 出版の未来像創造事業, 注目記事

  • 会員・賛助会員募集