場所

NPO法人 本の学校 出版産業シンポジウム 2017 in 東京 ~神保町で 本の“いま”を 語ろう~

NPO法人本の学校は、神保町ブックフェスティバル期間中の11月3日に「本の学校出版産業シンポジウム2017in東京」を、“本の街”神保町で開催します。

本の学校は1995年の開校以来、「大山緑陰シンポジウム」や「出版産業シンポジウム」など本の未来を考えるための活動を行ってきました。

今回も激変する本と、本を取り巻く環境について考え、より豊かな読書環境を作り出すため、「神保町で本の“いま”を語ろう」をテーマにした基調フォーラムと、多様なテーマを取り上げる5つの分科会を開催いたします。

皆さんと神保町に集まって、「本」についてともに語り合いましょう。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

●日時 2017年11月3日(金・祝) 12:30~17:45
●会場 専修大学神田キャンパス 地図


主催:特定非営利活動法人 本の学校
後援:日本書店商業組合連合会 書店新風会 日本書籍出版協会 日本雑誌協会
   日本出版インフラセンター 出版文化産業振興財団 版元ドットコム
   日本出版学会 専修大学文学部

2017-09-07 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事

「本の学校・出版産業シンポジウム」の開催が決定しました

「本の学校・出版産業シンポジウム 2017 in 東京」

●日時 2017年11月3日(金・祝日) 12:30~17:30(予定) ●会場 専修大学神田キャンパス ※18:00より懇親会を会場周辺で行います。 2006年より東京にて毎年開催している 「本の学校・出版産業シンポジウムin東京」に関しまして、 2017年度の開催日時・会場が決定しました。 本年は、11月に東京・神保町にて開催される 「神保町ブックフェスティバル」に合わせ、 専修大学・神田キャンパスを会場とすることが決まりました。 今回も例年通り、出版・書店・流通等に関わる「特別講演」や「分科会」を 現在企画中です。詳細が決まり次第、改めてご案内させていただきます。

2017-07-24 | お知らせ, お知らせ, 一般公開, 東京

講演会「すべての子どもたちに読書の喜びを」 講師野口武悟さん 開催のお知らせ

NPO法人「本の学校」 生涯読書をすすめる会 公開講演会

【生涯読書をすすめる会】

2017年9月3日(日)10:30~14:00

すべての子どもたちに読書の喜びを
講師 野口武悟さん

●講演会 10:30~12:00
●野口先生を囲む会   12:30~14:00

いろいろな子どもたちに、ひとしく読書の喜びを手渡すために、私たちが心がけること・できることについて考えます。
講師の野口武悟(のぐち・たけのり)先生は現在、日本子どもの本研究会会長・専修大学文学部教授としてご活躍で、図書館サービスのありかたや、情報のアクセシビリティなどを研究していらっしゃいます。
読み聞かせの活動をされている方・特別支援教育に関心のある方・「子どもが好き」「本が好き」という方へ―
より多くの子どもたちに読書の喜びを手渡すため、いっしょに考えてみませんか?

講 師 野口 武悟(のぐち たけのり)氏
専修大学文学部教授・放送大学客員教授・博士(図書館情報学)。
日本子どもの本研究会(※)会長。
主に図書館サービスのあり方、情報のアクセシビリティなどを研究している。

※日本子どもの本研究会(JASCL Japan Association for the Study of Child Literature):1967年に、児童図書の研究を行いその普及と向上をはかる目的で設立されました。現在まで約50年間、読書教育の実践と研究、機関誌「子どもの本棚」の編集発行、その他の出版物の刊行、講演会・講習会の開催など、各種の事業を行っています。

■日時:2017年 9月3日(日)10:30~12:00 (講演会) 12:30~14:00(野口先生を囲む会)
■会場:本の学校2階 多目的ホール
■参加費:講演会 500円 囲む会500円(お弁当代)
■定 員  50名(囲む会定員:15名)
■申し込み方法 申込書にてお申し込みください。ファクス・お電話・メールにて承ります。
■お問い合わせ:「本の学校」生涯読書をすすめる会 事務局
TEL 0859-31-5001 FAX 0859-31-9231

お申込み・お問い合わせ

下記お申し込み用紙をダウンロードの上、FAX・TEL・メール等でお申し込みください
定員50名(昼食は15名)になり次第、締め切らせていただきます。
チラシ・お申込書(PDF)

お問い合わせ:「本の学校」生涯読書をすすめる会 事務局
TEL 0859-31-5001 FAX 0859-31-9231

2017-07-10 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事

【文藝学校】第15回「文藝学校」講演会 のお知らせ

広島大学大学院文学研究科では、文学・語学系の教員を中心として「文藝学校」と名づける活動を展開してきました。今年も4つの講義をご用意して皆様をお待ちしています。 文学・哲学・歴史学などに興味のある方、文学部志望の高校生の皆さんも受講していただけます。ぜひご参加ください。

第15回「文藝学校」講演会

●日時 2017年 7月30日(日) 10:30~17:00
●会場 本の学校 2階 多目的ホール
     (鳥取県米子市新開2-3-10/TEL:0859-31-5001)
●受講料 無料

主催:広島大学大学院文学研究科/特定非営利活動法人 本の学校
共催:(株)今井書店グループ・「本の学校」郁文塾

文藝学校チラシ&申込用紙

2017-07-03 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事

【連続講座】第20回「“地域の読者”に本を確かに届けるには」開催のお知らせ(受付再開)

※3月開催予定でしたが諸事情により延期となっておりました。このたびは日時を変更し受付再開します。

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第20回を開催いたします。

【連続講座】第20回「“地域の読者”に本を確かに届けるには」

連続講座

2017年6月22日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
※※3月開催予定でしたが諸事情により延期となっておりました。このたびは日時を変更し受付再会します。

“地域の読者”に本を確かに届けるには
~顧客に支持される店づくりから、静岡書店大賞、「走る本屋さん」の運営まで~
講師: 高木久直(戸田書店掛川西郷店店長 / 「走る本屋さん」高久書店店長)

 静岡で18年間にわたり戸田書店の店長を務める高木久直さんは、常に顧客や従業員との対話を積み重ね、他店とは異なる品ぞろえ・店づくり・情報発信でお客様の支持を集めてきました。
 また、高木さんの活動は店の枠を超え、他の書店員や図書館員と連携した「静岡書店大賞」の立ち上げや、自前のクルマを改造した新刊書店「『走る本屋さん』高久書店」の巡回販売など多岐にわたります。
 本講座では、さまざまな形で「地域に本を届ける」高木さんの想いやノウハウ、書店業において大切にしていることなどを幅広くお話しいただきます。

◆登壇者略歴
高木久直(たかぎ ひさなお)1970年静岡生まれ。教職を経て、1998年に静岡・戸田書店のフランチャイズ企業に入社し、1年でリブレ菊川店の店長に就任。地元顧客や従業員との対話を重ねて作り上げた書店運営術が注目を集める。戸田書店に出向し、静岡本店勤務や店舗開発業務などを経て2009年よりエリア長を務める。また、2012年にスタートした静岡書店大賞の初代事務局長を務めるなど、書店チェーンの枠を超えた活動にも参加。2016年12月には自前でワゴン車を改装した移動新刊書店「『走る本屋さん』高久書店」を立ち上げ、休日等を利用して書店のない地域や学校等を巡回し本を届ける毎日を送る。

◆日時:2017年6月22日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:文化産業信用組合 3階会議室(東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル3階)
◆参加料: セミナー参加料=2,000円(※当日・現金精算のみ)
※セミナー終了後、別会場にて懇親会を開催する予定です(20:45~ / 参加料4,000円予定)

 

2017-04-21 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事

2017年「書店人教育講座」開催のお知らせ

2017年度 出版業界人研修 書店人教育講座
書店人としての教養・ノウハウを集中的に学べる3日間

授業風景(2016年度春講座より)

授業風景(2016年度春講座より)

日時:2017年5月18日(木)~5月20日(土)
会場:本の学校今井ブックセンター
 2階ホール(鳥取県米子市)
受講料:3日間セット:18,000円
選択受講:2,000円(1講座あたり)
※宿泊費、米子までの交通費は含みません
(お問い合わせに応じて、宿泊施設等のご紹介をいたします)
※5/18(木)・19(金)は講師・受講生参加の夕食会を開催予定
参加は任意、食事代は別途会費制とします

タイムテーブル・講義の詳細はPDFをご覧ください


授業風景(2016年春講座より)

授業風景2(2016年度春講座より)

「書店人教育講座(通称:春講座)」は、書店人を中心とする出版業界人を対象にした研修講座です。「本の学校」創設時より形式を変えながら続けられ、記念すべき23年目を迎えることができました。
鳥取県米子市「本の学校」の研修施設で、現役の書店人、編集者、研究者等を講師として招き、2泊3日で講座形式、ワークショップ形式の研修を実施いたします。
これから書店・出版業界を志す方から、今の仕事を見つめなおし、新たな知見を得たいという意欲のある方まで、数多くの皆様のご参加をお待ちしております。


2017-04-10 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰

NPO法人「本の学校」理事 河野通和さんの著書が発行されました

『言葉はこうして生き残った』(河野通和 著 ミシマ社 2,592円)

「考える人」(新潮社)編集長のメールマガジンの書籍化である。
人気のメルマガなのでご存じの方も多いと思う。毎週1回配信で、硬軟新旧とりまぜた、たくさんの本が紹介される。
唸ってしまうのは、作家や時代背景まで興味深く語りながら、本の核心について「ネタばらし」が決してないこと。むしろ「これは自分で原書にあたってみなくては」と思わせ、書店に向かわせ購入させてしまう。そんな力を持つ文章なのである。
次に唸ってしまうのは、本書『言葉はこうして生き残った』がもつ力、である。
  私はメルマガをほぼプリントアウトして読み、保管する。正直なところ、書籍で同じものを持つのはどうか・・・と思わないこともなかった。
ところが、一読して大反省。確かに出会ったことのある文章たちが並んでいる。はずなのに、編集され書籍化されると、光の当たり方が変わる。文章のたたずまいが変わる。私はどこを読んでいたのだろうかと思う。
これが「編集」という仕事のもつ力なのか、と教えられる思いがする。
もとより、著者の河野通和氏は編集者歴35年以上の大ベテラン。氏は「編集者」という仕事について、こんなことを話されている。

あくまで何かを表現している人が主役で、こちらは黒衣(くろこ)です。
「匿名への情熱」という言い方がありますが、
卑下でも何でもなく、黒衣であることは誇りになります。
生き甲斐になります。
(ミシマガジン 今月の特集①『考える人』編集長・河野通和さんインタビュー 「編集者」を続けるということ 2015・2.18より)

「黒衣である誇り」がたっぷり感じられる丁寧な編集。装丁もすっきりと美しい。
本書を読むことで、どれだけの本に出会えることか。光みなぎる言葉に出会えることか。
この1冊は、無数の出会いを与えてくれる。
ぜひ、手元に置いて人生の道しるべとしてほしい。

(本の学校事務局 山本瑞絵)

2017-02-15 | お知らせ, お知らせ, 一般公開, 共通・その他

【連続講座】第20回「“地域の読者”に本を確かに届けるには」開催のお知らせ

※本セミナーは諸事情により開催延期となりました。
また時期を改めてご案内申し上げます。

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第20回を開催いたします。

【連続講座】第20回「“地域の読者”に本を確かに届けるには」

連続講座

2017年3月23日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
※本セミナーは諸事情により開催延期となりました。また時期を改めてご案内申し上げます。

“地域の読者”に本を確かに届けるには
~顧客に支持される店づくりから、静岡書店大賞、「走る本屋さん」の運営まで~
講師: 高木久直(戸田書店掛川西郷店店長 / 「走る本屋さん」高久書店店長)

 静岡で18年間にわたり戸田書店の店長を務める高木久直さんは、常に顧客や従業員との対話を積み重ね、他店とは異なる品ぞろえ・店づくり・情報発信でお客様の支持を集めてきました。
 また、高木さんの活動は店の枠を超え、他の書店員や図書館員と連携した「静岡書店大賞」の立ち上げや、自前のクルマを改造した新刊書店「『走る本屋さん』高久書店」の巡回販売など多岐にわたります。
 本講座では、さまざまな形で「地域に本を届ける」高木さんの想いやノウハウ、書店業において大切にしていることなどを幅広くお話しいただきます。

◆登壇者略歴
高木久直(たかぎ ひさなお)1970年静岡生まれ。教職を経て、1998年に静岡・戸田書店のフランチャイズ企業に入社し、1年でリブレ菊川店の店長に就任。地元顧客や従業員との対話を重ねて作り上げた書店運営術が注目を集める。戸田書店に出向し、静岡本店勤務や店舗開発業務などを経て2009年よりエリア長を務める。また、2012年にスタートした静岡書店大賞の初代事務局長を務めるなど、書店チェーンの枠を超えた活動にも参加。2016年12月には自前でワゴン車を改装した移動新刊書店「『走る本屋さん』高久書店」を立ち上げ、休日等を利用して書店のない地域や学校等を巡回し本を届ける毎日を送る。

◆日時:2017年3月23日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:文化産業信用組合 3階会議室(東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル3階)
◆参加料: セミナー参加料=2,000円(※当日・現金精算のみ)
※セミナー終了後、別会場にて懇親会を開催する予定です(20:45~ / 参加料4,000円予定)

 

2017-02-15 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京

講演会 「人を育てる「ことば」」講師 松井るり子さん 開催のお知らせ

NPO法人「本の学校」 生涯読書をすすめる会 公開講演会

【生涯読書をすすめる会】

2016年10月30日(日)10:00~14:00

人を育てる「ことば」
講師 松井 るり子さん

●講演会 10:00~12:00
●松井さんを囲む会   12:10~14:00

全国各地で、絵本を事例とした子どもの話をしておられる 松井るり子さんをお迎えしお話を伺います。
「絵本から活字本への橋渡し」・「絵本の楽しさ」・・・ 深くて温かい、松井さんの楽しい語りをお楽しみください。

講演会後、希望者により、昼食をとりながら「松井さんを囲む会」を開きます。

講 師 松井 るり子(まつい るりこ)さん
1957年岐阜市生まれ。お茶の水女子大学家政学部児童学科で、本田和子(ますこ)先生に児童文化を学ぶ。出版社勤務を経て文筆業。各地で絵本を事例とした、子どもの話をしている。
著書に『七歳までは夢の中』(学陽書房)、『絵本でほどいてゆく不思議』(平凡社)、翻訳絵本に『いえでをしたくなったので』(ほるぷ出版)、『まどべにならんだ五つのおもちゃ』(徳間書店)他がある。
2005年『うさぎのおうち』にて産経児童出版文化賞受賞。

■日時:2016年 10月30日(日)10:00~12:00
■会場:本の学校2階 多目的ホール
■参加費:講演会 500円 囲む会500円(お弁当代)
■持ち物  はさみ(簡単な工作をしますのでお持ちください)
■定 員  70名(囲む会定員:20名)
■申し込み方法 申込書にてお申し込みください。ファクス・お電話・メールにて承ります。
■お問い合わせ:「本の学校」生涯読書をすすめる会 事務局
TEL 0859-31-5001 FAX 0859-31-9231

お申込み・お問い合わせ

下記お申し込み用紙をダウンロードの上、FAX・TEL・メール等でお申し込みください
定員70名(昼食は20名)になり次第、締め切らせていただきます。
チラシ・お申込書(PDF)

お問い合わせ:「本の学校」生涯読書をすすめる会 事務局
TEL 0859-31-5001 FAX 0859-31-9231

2016-10-05 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事

本の学校シンポジウム2015年記録集 『「本」をめぐる新たな見取り図』刊行のお知らせ

2015年7月に開催された『出版産業シンポジウム2015』の記録集が今年も書籍としてまとまりました。
全国書店・オンライン書店等で販売しております。(店頭にない場合はご注文下さい)

『「本」をめぐる新たな見取り図』
本の学校 編
A5 判・216 ページ
2016年9月8日発売
定価:本体価2,400 円+税
ISBN 9784902251562

sympo2015_h1

本書は、「本の学校・出版産業シンポジウム2015」の全記録であると同時に「本の学校・出版産業シンポジウム2016」への提言(メッセージ)である。

 いま、これまで出版産業を支えてきた中堅取次各社の苦境が伝えられるなど、出版市場の環境変化は産業の根幹を大きく揺さぶっています。一方で、こうした時代の流れのなかで、人々と本との新しい出会い方を模索する動きが、書店や図書館、地域社会など至るところで始まっています。こうした動きの現場で何が起きているのかを検証し、それらが豊かな読書環境を作り出すために何が必要なのかを考えます。

 <主な目次>
● 第1部 
 特別講演 書店の現在と可能性 ~実践する経営者の視点から~
● 第2部 
 第1分科会 「著者の発掘・育成・発表」の新たな形
 第2分科会 リニューアルは書店に新たな命を吹き込むか?
 第3分科会 「本との出会い方」~読書情報の変化とこれからの読者像~
 第4分科会 図書館と書店でひらく本のまち

◆発行元:出版メディアパル
商品のご注文、お問い合わせ等はこちらにお願いします。
注文書(PDF)

◆9月24日の「出版産業シンポジウム2016」分科会の参加者には、本書を1冊贈呈いたします。

2016-09-06 | お知らせ, 一般公開, 共通・その他, 活動報告, 調査・研究

  • 出版産業シンポジウム 2017 in 東京
  • 会員・賛助会員募集