注目記事

書店人・出版業界人研修 本の学校 「春講座2018」開催のお知らせ

NPO本の学校 書店人・出版業界人研修
本の学校 春講座2018 書店人教育講座
書店人・出版人としての教養・ノウハウを集中的に学べる3日間

授業風景

日時:2018年5月17日(木)~5月19日(土)
会場:本の学校今井ブックセンター
   2階ホール(鳥取県米子市)
受講料:2日間セット:15,000円
    3日間セット:16,000円
    選択受講:3,000円(1講座あたり)※5/19一般公開講座:1,000円
※宿泊費、米子までの交通費は含みません
(お問い合わせに応じて、宿泊施設等のご紹介をいたします)
※5/17(木)・18(金)夜は講師・受講生参加の夕食会を開催予定
      (参加は任意、食事代は別途会費制とします)


授業風景2

「本の学校・春講座」は書店人育成・研修を目的に、「本の学校」創設時より形式を変えながら続けられ、今年で24年目を迎えます。

鳥取県米子市「本の学校」の研修施設で、現役の出版人、研究者など、第一線で活躍する方々を講師陣にお招きし、本をめぐるさまざまな最新情報をお伝えします。
これから書店・出版業界を志す方から、今の仕事を見つめなおし、新たな知見を得たいという意欲のある方まで、数多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

2018-04-01 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事

【連続講座】第21回「データと現場から読み解く、これからの書店」開催のお知らせ

さまざまな形で活躍する書店人に仕事への姿勢やノウハウを開示してもらい、今後の書店人育成に何が必要かを探るセミナー企画「本の学校連続講座」。第21回を開催いたします。

【連続講座】第21回「データと現場から読み解く、これからの書店 ~業界各種データから仮説を立ててみる~」

連続講座

2018年2月14日(木)18:30~20:30(受付:18:15~)

データと現場から読み解く、これからの書店 ~業界各種データから仮説を立ててみる~
パネラー:草彅 主税(有隣堂)/ 湯浅 創(TAC出版)
コーディネーター:阿見 信子(トーハン・コンサルティング)

 出版社の営業は、現場の数字と何を見ながら、書店への提案をするのか。書店の店長は、数字からどんな仮説を立て、売場を構成するのか。また、書店は、出版社からどんな提案や情報がほしいのか……といった視点で、経験豊富な湯浅氏と草彅氏から具体的事例をもとにお話いただく。そのもととなるデータとして、『書店経営の実態』をはじめとした業界の数字の、ここ数年の変化や現状を示しながら、これからの書店をどのように創っていくか考えたい。

◆登壇者略歴
草彅 主税(くさなぎ ちから)
株式会社 有隣堂 商品戦略部 書籍・雑誌グループ統括。
1964年東京生まれ。出版社勤務を経て、2008年に丸善株式会社入社。お茶の水店ほか店長を歴任。2015年に株式会社 有隣堂入社。店舗統括、商品グループ統括、2017年より現職。
湯浅 創(ゆあさ はじむ)
TAC株式会社 出版事業部 営業部副部長 販売第2グループ 責任者
1974年東京都生まれ。2007年TAC株式会社入社。商圏調査により、個々の書店の棚作りを提案する、足で稼ぐデータマニア。
阿見 信子(あみ のぶこ)
株式会社トーハン・コンサルティング 取締役 教育事業部長 
1962年栃木県生まれ。1985年東京出版販売株式会社(現株式会社トーハン)に入社。2003年にトーハン・コンサルティングに出向。教育関連の企画運営、『書店経営の実態』編集などを担当。

◆日時:2018年2月14日(水)18:30~20:30(受付:18:15~)
◆会場:東京・水道橋 / 貸会議室「内海」1階教室(東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル1F)[地図]
◆参加料: セミナー参加料=5,000円(※当日・現金精算のみ)
※セミナー終了後、別会場にて懇親会を開催する予定です(20:45~ / 参加料3,500円予定)

 

2018-01-10 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事

本の学校出版産業シンポジウムin東京2017 開催の御礼

11/3(金)に、専修大学神田キャンパスで「本の学校出版産業シンポジウムin東京2017」を開催いたしました。

基調講演には150名の方、分科会には合計188名の方、懇親会には70名の方にお越しいただきました(参加者数は速報値)。シンポジウムに参加された皆さま、また、登壇いただいたパネリストの皆さま、本当にありがとうございました。

当日の会場風景写真、並びに配布した参加者プロフィールシートをこちらにて共有させていただきます。

本シンポジウムに関するご報告は、改めて会員向け書面等で行わせていただきます。

参加者プロフィールシート

2017-11-06 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事, 活動報告

重要:本の学校シンポジウム、教室変更のお知らせ

11月3日のシンポジウムにお申し込みの皆様

このたびは本の学校 出版産業シンポジウム 2017 in 東京にお申し込みくださいましてありがとうございました。

 

パンフレットでは会場を専修大学神田キャンパス「5号館」と表記しておりますが諸般の事情により、基調フォーラム・分科会ともに同キャンパス「3号館」で開催することにいたしました。

 

お間違いのないようお越しくださいますようお願い申し上げます。

 

会場教室変更のお知らせ(PDF)

2017-10-31 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事

NPO法人 本の学校 出版産業シンポジウム 2017 in 東京 ~神保町で 本の“いま”を 語ろう~


※会場がパンフレット記載の専修大学神田キャンパス5号館から、2号館 3号館へと変更となりました。(PDF)

NPO法人本の学校は、神保町ブックフェスティバル期間中の11月3日に「本の学校出版産業シンポジウム2017in東京」を、“本の街”神保町で開催します。

本の学校は1995年の開校以来、「大山緑陰シンポジウム」や「出版産業シンポジウム」など本の未来を考えるための活動を行ってきました。

今回も激変する本と、本を取り巻く環境について考え、より豊かな読書環境を作り出すため、「神保町で本の“いま”を語ろう」をテーマにした基調フォーラムと、多様なテーマを取り上げる5つの分科会を開催いたします。

皆さんと神保町に集まって、「本」についてともに語り合いましょう。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

●日時 2017年11月3日(金・祝) 12:30~17:45
●会場 専修大学神田キャンパス 地図


主催:特定非営利活動法人 本の学校
後援:日本書店商業組合連合会 書店新風会 日本書籍出版協会 日本雑誌協会
   日本出版インフラセンター 出版文化産業振興財団 版元ドットコム
   日本出版学会 専修大学文学部

2017-09-07 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 東京, 注目記事

2016年「書店人教育講座」開催のお知らせ

2016年度 出版業界人研修 書店人教育講座
書店人としての教養・ノウハウを集中的に学べる3日間

spring201501

授業風景(2014年度春講座より)

日時:2016年5月19日(木)~5月21日(土)
会場:本の学校今井ブックセンター
 2階ホール(鳥取県米子市)
受講料:3日間セット:18,000円
選択受講:2,000円(1講座あたり)
※宿泊費、米子までの交通費は含みません
(お問い合わせに応じて、宿泊施設等のご紹介をいたします)

タイムテーブル・講義の詳細はPDFをご覧ください


spring201502

授業風景2(2014年度春講座より)

「書店人教育講座(通称:春講座)」は、書店人を中心とする出版業界人を対象にした研修講座です。「本の学校」創設時より形式を変えながら続けられ、記念すべき22年目を迎えることができました。
鳥取県米子市「本の学校」の研修施設で、現役の書店人、編集者、研究者等を講師として招き、2泊3日で講座形式、ワークショップ形式の研修を実施いたします。
これから書店・出版業界を志す方から、今の仕事を見つめなおし、新たな知見を得たいという意欲のある方まで、数多くの皆様のご参加をお待ちしております。


2016-03-03 | お知らせ, セミナー・イベント, 一般公開, 山陰, 注目記事

  • 会員・賛助会員募集